読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE ドナルド・トランプ

トランプ大統領の就任演説より 「アメリカを、再び偉大にする―」

トランプの学歴と経歴。身長や血液型・プロフィールまとめ

スポンサーリンク

 

生まれも育ちもNY。生粋のニューヨーカーであるドナルド・トランプ氏。そんな彼の学歴や経歴、身長や血液型などについてまとめました。

 

奇抜なヘアースタイルや過激な発言でも話題の的となるトランプ大統領。実は企業家の登竜門とも言われる大学を卒業しているんです。

 

f:id:seseo11:20170214150343j:plain

 

トランプの学歴と経歴

身長は191センチという大柄な身体、そして血液型はA型でふたご座。ちなみにバラク・オバマ氏はAB型、同じ血液型の大統領ではG・W・ブッシュ氏などがいます。 

 

まず、学歴についてー。

 

幼少期に通っていたニューヨーク・ミリタリー・アカデミーを優秀な成績で卒業後、一流大学であるフォーダム大学へ入学します。この学校を選んだ理由は「近いから」。効率的というか、なんとも彼らしいですね。

 

全米大学ランキングの上位に入るフォーダム大学に2年ほど通ったあと、トランプ氏はあの有名なペンシルベニア大学のウォートン校へ編入します。

 

ウォートン校といえば全米でも屈指の名門大学であり、多くの実業家や経営者を輩出しているスクールです。「どうせなら最高の場所で学びたい」と考えたからなんだとか。この学歴が後々のビジネスに大いに役立ったと本人は語っています。

 

実は大学に在学中、トランプ氏はすでに父親(フレッド)の仕事を手伝っていて、給料としてある程度の収入を得ていました。卒業時には20万ドルの資産を保有していたらしく、この頃から不動産投資を行うなど鋭いビジネス感覚を持っていたようです。

 

続いて、経歴についてー。

 

経歴と言っても彼の場合は父親の会社で働き、その後は会社を受け継ぐ形で経営者となったので、いわゆる一般のサラリーマンのような経験はありません。

 

父親の会社の名前は「エリザベス・トランプ&サン」。家を売った資金を元手にして新しい家を建設し、そしてまた売却ー。このサイクルを繰り返すことで収益をあげるビジネスモデルを確立していました。

 

経営権を譲り受けた後は「不動産会社トランプ・オーガナイゼーション」として新たに生まれ変わり、社交界に出入りするようになり、「グランドハイアット」や「トランプタワー」などを手掛けていくことになるのです。

 

そんななか、トランプ氏はカジノの利益率が高いことを知り、カジノ業にハマっていきます。次々とカジノ・ホテルを経営し、始めは順調に利益を上げていきますが…その計画はある日突然に破綻し、人生で初の挫折を味わう羽目になります。

 

カジノ事業の失敗で破産を経験し、悲劇が彼を襲いますが、不動産ビジネスのほうは力強く伸びていき、その後はリアリティ番組「アプレンティス」に出演。一躍、お茶の間の人気者へと知名度をあげていきます。

 

そもそもトランプ氏は以前から「アメリカの大統領になりたい」という意思を持っていて、実は一度チャレンジも(結果は敗退)。

 

トランプ大統領の誕生によって、生まれ変わろうとしているアメリカー。「アメリカを、再び偉大にする」。米国は、色んな意味で大きな転換点を迎えようとしています。

スポンサーリンク