読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE ドナルド・トランプ

トランプ大統領の就任演説より 「アメリカを、再び偉大にする―」

安倍総理の訪米日程と日米首脳会談。記者会見や夕食会にも注目

スポンサーリンク

 

およそ5日間の日程で訪米する安倍総理。トランプ大統領との日米首脳会談ではその後の記者会見の内容にも注目が集まっています。

 

安倍首相がもてなされる昼食会や夕食会のメニューも気になるところですね。今回の訪米はエアフォースワンに同乗するというVIP待遇となります。

 

f:id:seseo11:20170209051224j:plain

 

安倍総理の訪米日程

入国禁止など異例の大統領令を連発するトランプ氏。アメリカは彼を熱狂的に支持する層と、拒否反応を示してデモを繰り返す人々に分断されつつあります。

 

そんななか決まったのが今回の日米首脳会談。安倍総理が訪米する簡単な日程を確認しておきましょう。

 

◆2月9日  …日本を出発

◆2月10日…ホワイトハウスで日米首脳会談

◆2月11日…トランプ大統領とゴルフ

◆2月12日…アメリカを出発

◆2月13日…日本へ帰国

 

以上がだいたいの訪米日程となっていますが、状況によっては予定が変更になることも考えられます。米国では各地でデモも広がっていますし、テロも警戒しなければなりません。

 

日米首脳会談のあと、安倍総理はトランプ大統領と共同で記者会見を開くことを決定。ここで何が語られるのか、非常に重要な内容となることでしょう。できれば英文とあわせて全文を確認しておきたいところです。

 

会談では、安全保障をメインにアメリカと関係性を築きたい安倍首相と、日本への経済対策を重視するトランプ氏とで若干の温度差が出てくるかもしれません。

 

日本は今、中国の軍事的暴走により危機的な状況にあり、米国の対応次第では尖閣諸島の領土もどうなるか分かりません。トランプ政権は米軍撤退も視野に入れて日本に経費負担を求めています。

 

さらにアメリカはTPPから離脱。オバマ政権時の政策をひっくり返したわけで、TPP離脱の影響が日本にも押し寄せてくることは間違いなさそうです。

 

また、日米首脳会談では日米自由貿易協定(FTA)も議題になるかもしれません。全米肉牛生産者・牛肉協会(NCBA)と全米豚肉生産者協議会(NPPC)からトランプ氏へ要望も出ています。

 

記者会見や夕食会にも注目

安倍総理の訪米日程のなかで、個人的に気になるのが昼食会・夕食会のメニュー。というのもトランプ氏は食事を簡単に済ますことで有名であり(ビジネス優先だったため)、いったいどんな食事が出るのか楽しみにしています。

 

果たしてどんな料理をチョイスするのか。。。日本からも訪米時に銘酒の地酒などを贈り物として持参するかもしれませんね。

 

おそらくですが、日米の共同記者会見は深夜~朝方にかけての時刻となることでしょう。全世界が、その内容とメッセージに注目しています。

スポンサーリンク