THE ドナルド・トランプ

トランプ大統領の就任演説より 「アメリカを、再び偉大にする―」

トランプの過激な暴言・名言まとめ。暴走する発言セレクト

スポンサーリンク

 

「日米安保条約が憎いー」。

 

暴走するリーダーとも言われる、トランプ大統領。なかでも過激な暴言や発言が注目を浴びています。ここでは、その中でも話題になった名言や迷言セレクトのまとめをお届けします。

 

f:id:seseo11:20170205061439j:plain

 

トランプの過激な暴言・名言

メキシコ・中国・日本などに対して厳しい発言をしているトランプ大統領ですが、彼は大統領に就任する以前から、その過激な暴言・名言が注目の的となっていました。

 

◆「日米安保条約が憎い」(2015年9月ーエコノミスト誌のインタビューより)

 

◆「私がニューヨーク5番街の大通りの真ん中で誰かを撃ったとしても、票を失うことはないだろう」(2015年1月ーアイオワ州での演説より)

 

◆「メキシコとの国境に万里の長城を建設し、メキシコにその費用を払わせる」(2015年6月16日ーニューヨークでの出馬表明より)

 

◆「何が起こっているのかを我が国の指導者らが把握できるまで、イスラム教徒のアメリカ入国禁止を要求する」(2015年12月7日ートランプ公式サイトの声明より)

 

◆「日本の安倍首相は殺人者だ。地獄の円安で、アメリカが日本と競争できないようにした。さらに、安倍はケネディ駐日大使を接待漬けにして、日本の言うことを聞かせるようにしている」(2015年7月ーアリゾナ州での演説より)

 

◆「メキシコが送り込んでくる人々は、ベストな人材ではない。問題だらけで、アメリカに麻薬や犯罪を持ち込んでくる。彼らは強姦魔だ。なかには善良な市民もいるかもしれないが」(2015年6月16日ーニューヨークでの出馬表明より)

 

◆(9.11で)「世界貿易センタービルがテロで崩壊したとき、ジャージーシティで何千人もの人が喝采を送っていた」(2015年11月ーアラバマ州での演説より)

 

 ◆(捕虜経験のあるジョン・マケイン上院議員に対して)「彼は捕らえられたからこそ、戦争英雄になった。私は捕虜にならなかった人が好きだ」(2015年7月18日ー共和党大会より)

 

◆「ローマ法王が恐れるのは神だけかもしれない。しかし現実に目を向けると、資本主義が役に立つように願った方がいい」(2015年8月19日ーCNNインタビューより)

 

◆(ビル・クリントンは)「あのスキャンダルがなければ、偉大な大統領として名を留められたのに、お気の毒なことだ。もっと美人とヤッていたら、国民も許してくれたかも」(1999年9月19日ーニューヨークタイムズより)

 

◆「アメリカは世界の警察はできない。アメリカが国力衰退の道を進めば、日韓の核兵器の保有はあり得る」(2015年4月ー本人のツイッターより)

 

◆「報道陣は恥を知れ!寄付金 600万ドル近くを集めて感謝されても、報道陣に批判されて終わるのは世界で私くらいだ」(2016年5月31日ーニューヨーク市内での記者会見より)

 

◆「オバマ大統領が広島にいるが、それは構わない。謝罪しない限り、まったく構わない。誰が気にするものか」(2016年5月27日ーカリフォルニア州での演説より)

 

◆「日本を愛している。今後も日本を守っていければいいと思う。しかし、いつでも駐日米軍が立ち去れる用意をしておかなくてはならない。日本は駐留費用の50%しか払っていない。なぜ100%払わないのだ」(2016年5月29日ー退役軍人イベントの演説より)

 

◆「マヌケな王子アルワード・タラルが、パパのオカネでアメリカの政治家を操ろうとしている。私が当選すれば、そうはいかなくなる」(2015年12月12日ー本人のツイッターより)

 

◆「アプレンティスに出演している女たち全員は、意識してか無意識にか俺に色目を使っている」(2004年ー著書・金の作り方は億万長者に聞け!大富豪トランプの金持ち入門より)

 

◆(メディアに)「何を書かれたって、若くてきれいな女がいれば、たいしたことないんだ」(1991年ー男性誌・エスクァイアのインタビューより)

 

◆「シリア難民はイスラム国かもしれない。彼らが何者で、どこから来たのか見当もつかない。オバマ大統領の弱腰のせいで難民が大量に入ってきたとしても、私が大統領に就任したら出て行ってもらう」(2015年9月30日ーCNNインタビューより)

 

◆「私は金のために取引するのではない。金ならもう十分に持っている」(1988年ー著書・トランプ自伝より)

 

◆「私は負けず嫌いで、勝つためならば法の許す範囲ならばほとんど何でもすることを隠しはしない。ときには競争相手をけなすのも取引上の駆け引きのひとつだ」(1988年ー著書・トランプ自伝より)

 

◆「私は、ビル・クリントンがやった北米自由貿易協定を廃止し、いま提案されているTPPもゴミ箱に放り込むことを、皆さんに誓約する」(2016年2月19日ー朝日新聞より)

 

◆「イラクはテロリズムのハーバード大学」(2016年2月16日ーサウスカロライナ州での演説より)

 

◆「もしロシアがイスラム国を攻撃したいなら、私はそれでも構わない」(2015年9月30日ーCNNインタビューより)

 

◆「習近平が訪米したら、私ならビッグマックでもてなす」(2015年8月24日ーフォックステレビのインタビューより)

 

◆「混乱させるのはいいことだ。世界の多くの国は私たちを酷使し、利用しているからだ」(2016年5月27日ー記者会見より)

スポンサーリンク