読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE ドナルド・トランプ

トランプ大統領の就任演説より 「アメリカを、再び偉大にする―」

トランプが「一つの中国」を支持。揺れる台湾と習近平の思惑

スポンサーリンク

 

安倍首相の訪米のタイミングに合わせ、トランプ大統領は「一つの中国」を支持すると習近平 国家主席との電話会談で発言しました。

 

揺れる台湾と、トランプ政権の真意とはー。中国の思惑についても注目です。

 

f:id:seseo11:20170213090022j:plain

 

トランプが「一つの中国」を

アメリカのトランプ大統領はこれまで、「一つの中国」原則に必ずしも縛られるものではないという考えを持っていましたが、安倍総理との日米首脳会談のタイミングで方向性を転換。

 

習近平との電話会談にて、中国と台湾が「一つの中国」に属するという、歴代米大統領が維持してきたスタイルを踏襲することを明らかにしました。

 

1945年に中華民国の統治下に入り、現在でも親日国として知られる台湾。日本からの観光客も多いことで知られていますが、完全に中国の一部となると、気軽に旅行に行ける国ではなくなってしまう可能性も出てきます。

 

そもそも、トランプ氏はなぜこの時期に「一つの中国」を支持すると語ったのでしょうか?そこには大きく2つの狙いと策略がありそうです。

 

揺れる台湾と習近平の思惑

まず一つ目は、トランプ政権による安倍首相への牽制。日米首脳会談では懸念されていた日本批判は出なかったものの、ゴルフ会談では貿易について対応を迫られたかもしれません。

 

「対中強硬路線だけではありませんよ」という姿勢を安倍首相に見せて、貿易赤字問題で日本から譲歩を引き出そうとする。というのは、米商務省が2月7日に発表したアメリカの昨年の(モノの)貿易赤字データによれば、中国がトップで3470億ドルと全体の46%を占めているものの、中国の次に貿易赤字が多いのは日本。

 

つまり、日本政府との貿易を有利に進めるために中国を利用しているという一面もあると思います。「アメリカの出方次第で、日本と中国の関係も変わる」というメッセージです。

 

そして二つ目は、習近平主席と何らかの取引があった可能性。中国としては、安倍総理の訪米時に何としても日本を牽制したい狙いがあったはず。そんな状況の中、トランプ側に「一つの中国」を支持してもらえれば、今後の外交が有利になっていきます。

 

おそらく、「一つの中国を支持するかわりに、関税などで中国との貿易赤字を減少させる」という取引が水面下で動いていたものと思われます。

 

実は、習近平の出身である清華大学には「経済管理学院顧問委員会」という欧米の財閥を中心とした顧問委員会があり、その中には現在のトランプ政権の「大統領戦略政策フォーラム」の議長もいます。

 

また、ゴールドマンサックスの元CEOや米銀行最大手のJPモルガン・チェースのCEOなど、中国に多額の投資を実施しているウォール街の連中も名を連ねています。

 

政治的や軍事的には対立の構図を見せている米中も、国際金融資本が根元から入り込み、金融の分野では綿密な関係性を保っている現状があるのです。

 

台湾が中国の一部となってしまえば日本の安全保障の面でも問題が出てきます。これから日米中がどう動くのかー。今後の展開から目が離せません。

スポンサーリンク

 

トランプの訪日 日程はいつ?来日はエアフォースワンで

スポンサーリンク

 

日米首脳会談では安倍首相が訪日を打診し、トランプ大統領もこれを受諾。トランプ氏が来日する日程はいつになるのでしょうか?

 

訪日はエアフォースワンで来るので、空港には人が多く集まることでしょう。日本でのスケジュールも気になるところです。

 

f:id:seseo11:20170212091242j:plain

 

トランプの訪日 日程はいつ?

昼食会を含めた会談、フロリダでの別荘でのゴルフと夕食会…まさに破格のVIP待遇でもてなしを受けた安倍総理ですが、トランプ氏も年内の訪日を了承しました。

 

日程がいつになるのか注目されていますね。当初は「早ければ3月にも来日するのでは」なんて囁かれていましたが、どうやら関係者によると夏頃で調整中とのこと。

 

おそらく7月~8月の期間での訪日となることでしょう。安倍首相と同様に2泊3日ほどの滞在になると思われ、スケジュールも綿密な調整のうえで訪れるはずです。

 

オバマ大統領の来日の際は都内に交通規制が敷かれ、警察が大統領専用車「ビースト」を誘導していました。確か信号もすべて青に変えていましたね、すごい数の見物客がいたのを記憶しています。

 

トランプ大統領の訪日の時もかなりの交通規制・車両規制が実施されることでしょう。テロへの警戒も大切ですし、何より過激な発言と行動を繰り返してきたトランプ氏だけに、反対派の人々も大勢います。

 

訪日の日程時は日本でもデモが開催されるかもしれません。それまでに移民や難民問題がどう決着するのか分かりませんが、新たな大統領令や政策を準備していると語っていましたので、反発を招く可能性も高いはずです。

 

トランプ氏はエアフォースワンで来日するでしょうから、羽田空港にはその姿を一目見ようと写真家たちが集まると思われます。やっぱ生で見たいですよね、エアフォースワン。。

 

また、トランプ政権側は天皇と会うことを希望しているとの情報もあり、国賓での待遇となるかもしれません。そうなると警備やセキュリティもより厳重になりますね。駅のコインロッカーなどの使用も禁止になることでしょう。

 

日本で宿泊するホテルもどこを選ぶのか注目ですね。「アメリカ・ファースト」なのでアメリカ資本のホテルを宿泊先に選ぶのか、日本の和を選択するのか…

 

いずれにせよ、この期間はマスコミ報道も過熱し、日本も熱狂的な雰囲気で包まれそうです。日本の未来に、新しい道が開けることを期待しています。

スポンサーリンク

 

日米首脳会談の評価と成果。トランプ×安倍に対する反応とは

スポンサーリンク

 

「最高の成果」とも評価された、トランプ大統領と安倍首相の日米首脳会談。

 

これまで発言してきた数々の日本批判は封印され、日本にとっても安全保障の面で重要なメッセージを中国へ向けて発信することができました。今回の会談の内容を簡単に振り返ってみましょう。

 

f:id:seseo11:20170212075411j:plain

 

日米首脳会談の評価と成果

会談で懸念されていたのが、日本への圧力。トランプ氏はこれまで様々な「日本攻撃」を繰り返しており、日米首脳会談でもそれが出てくるのか話題になっていました。

 

しかし、蓋を開けてみると異例の特別待遇。二人はハグから始まり、笑顔で抱き合ってなごやかな雰囲気で会談へー。固い握手もかわして親密ぶりをアピールしました。

 

個人的には、かなりの成果があったと思いますし、根回しをおこなってきた安倍外交が評価されるべきだと考えています。

 

中国の軍事的な挑発はひどくなる一方ですが、弱腰のオバマ政権とは違い、トランプ大統領は動きも早いことでしょう。日米首脳会談でも「尖閣諸島が安保条約の範囲内であることを確認した」と安倍首相は語っていました。

 

ただし、経済の分野ではかなりの譲歩を迫られる可能性もあります。トランプ氏はこれまで「日本は不正に為替を(通貨安に)操作している」と発言しており、日本の自動車に対しても厳しい対応を求めてくることでしょう。

 

トランプ氏はもともとビジネスマンです。取引や駆け引きは得意分野であり、「時には相手をけなすのも取引を有利に進めるため」という趣旨の事を語っています。

 

過激な発言や暴言は「計画された駆け引き」であり、彼が取引などで好んで使う手段なのです。言葉の裏に隠された意図を読み解くことが重要ですね。

 

今回の日米首脳会談は35分と短い時間でしたが、おそらくトランプ政権はこの会談をあまり重要視しておらず、本丸はゴルフでの「本音の語り合い」にあったはずです。

 

会談自体は形式的なもので日米同盟の再確認、お互いの関係性のアピール、決められた内容を記者会見で話すだけという、お決まりのパターンに終始していました。

 

ビジネスマンとして成功を収めてきたトランプ氏にとってはゴルフでの話し合いこそがメインであり、ここで米軍問題や関税・貿易についてなど深く切り込んできたことでしょう。

 

表に出ない非公式の内容となるでしょうが、そこで安倍総理がどれだけ踏み込んで本音を言えたか、トランプ大統領に理解してもらえたかが重要です。

 

訪日の打診も行って了承してもらえたようですし、まずまずの成果と評価です。今後の日米関係は新たな局面に差し掛かり、きっと新しい日本の道が開けていくことでしょう。

スポンサーリンク

 

トランプ ゴルフの腕前とスコアは?安倍首相は90~100

スポンサーリンク

 

日米首脳会談を終え、トランプ大統領と安倍首相はゴルフ外交に突入ー。トランプ氏のゴルフの腕前はかなりのもので、スコアもいい数字を叩き出すとか…

 

一方の安倍首相はそこまでの実力はなく、「おそらくかなわないと思う」と話していました。安倍総理との「非公式会談」の結果が気になります。

 

f:id:seseo11:20170212071351j:plain

 

トランプ ゴルフの腕前

日米首脳会談を終えた二人はエアフォースワンに乗り込み、トランプ大統領が所有するフロリダの別荘へ。安倍晋三首相とのゴルフ会談が実現しました。

 

宿泊先から出てきたトランプ氏と安倍首相は大統領専用車「ビースト」でゴルフコースへと向かい、天気にも恵まれたなかプレイがスタート。

 

当初はトランプ氏の長女イバンカさんと昭恵夫人が一緒にラウンドするという話も出ていたようですが、どうやら流れたみたいです。昭恵夫人はメラニア夫人と共に日本庭園を散策し、女性同士でお互いの仲を深めたとのこと。

 

気になるトランプ氏の腕前ですが、スイングはシンプルで強みはボディーターン。ドライバーの飛距離は現在でも285ヤードを叩き出す腕前なんだそうです。

 

プレースタイルはバックティーからで、スコアは80台前半くらい。あのタイガーウッズもその実力を認めたという話がありますから、ベストスコアはもっといくことでしょう。

 

安倍首相のスコアと実力は

トランプ大統領と同様に、安倍首相の腕前とスコアも注目したいところです。

 

以前に会談を行った際には、お互いにゴルフクラブとゴルフウェアをプレゼント。今回はそれを持参して望んでいると思われます。

 

安倍総理のスコアは本人曰く「国家機密」との事でしたが、どうやら90~100ほどが平均のようで、「トランプ大統領の腕前には及ばない」と語っていました。

 

さらに共同記者会見ではこうも話していましたね。

 

「私のポリシーは『ネバー・アップ、ネバー・イン』。常に狙っていく。刻むという言葉は私の辞書にはない」。

 

過去に日米両首脳がゴルフした時は、安倍総理の祖父である岸首相のスコアが99、アイゼンハワー大統領が74だったとか。。今回は両首脳がハイタッチをしている写真などもツイッターに掲載され、親密ぶりをアピールする狙いがあると思われます。

 

ゴルフコースの近くでは入国禁止問題で怒った人々がデモを行っていたとの報道もあり、周辺はざわついていたようです。トランプ氏が打ち出す、移民に対する新たな政策にも注目ですね。

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の公約一覧。実現・実行の可能性と日本への影響

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の政策や、公約一覧をわかりやすくまとめました。

 

公約については過激な内容のものが多いく、実現が難しいものも…トランプ政権の政策は一貫して「アメリカ・ファースト」が根底にあります。実行すれば、日本への影響なども懸念されますね。

 

f:id:seseo11:20170210015111j:plain

 

トランプ大統領の公約一覧

■公約1…メキシコとの国境に万里の長城を築く!

 

メキシコからの不法移民が安い賃金でアメリカ人の雇用を奪い、深刻な失業問題を作り出しているとトランプ氏は指摘。また、多くの犯罪者が国内の治安を脅かしている現実もあります。建設費用は1兆円越えとも言われ、メキシコへかけた関税で支払わせると宣言しています。

 

■公約2…禁止の「水責め」などの拷問を復活させる!

 

現在の米国法では禁じられていますが、トランプ氏はテレビ番組でテロの犯人への尋問について「水責めなどの拷問を復活させる」と話しました。これに対して批判も多いかと思いきや、世論は徹底的なテロ叩きを支持。オバマ政権時の「テロ対策は不十分」との思いが強く残っているようです。

 

■公約3…貧困層も富裕層も軒並み大減税!

所得税の最高税率を現行の【39.6%】から【25%】に引き下げると公言。さらに年収2万5,000ドル以下の独身者・世帯収入が5万ドル以下の夫婦は、所得税をゼロにするとも。ただし、同時に法人税の最高税率も【35%】から【15%】に下げるとのことで、国民からは大企業重視だという意見が出ています。

 

■公約4…シリアからの難民の受け入れを拒否!

移民や難民は国内で犯罪を生み、アメリカ国民たちを守るために「難民受け入れ拒否」を宣言。これに関しては、トランプ大統領がシリアを含む7か国に対して入国禁止の措置をとって問題となりました。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

 

■公約5…中国製品の課税を45%にする!

TPPを離脱したトランプ政権ですが、中国に対しても敵意むき出しです。安価な中国製品が米国内に出回り、自らの支持層である白人・低中所得層を失業の危険にさらしていると説明。この強気な彼の姿勢は、支持者たちを熱狂させているようです。

 

■公約6…イスラム国は核兵器で徹底的に潰す!

世界でテロを繰り返しているイスラム国に対して、核の使用もいとわないと語るトランプ大統領。トランプ氏の要請でフランスも攻撃作戦への参加を決めました。かなり過激な内容ですが、アメリカでは「9.11」の悪夢を国民は忘れておらず、この公約が実現する可能性もあるかもしれません。

 

■公約7…保険はオバマケアを撤廃!

オバマケアとは、わかりやすく説明すると「国民皆保険制度」のこと。日本ではお馴染みのシステムですが、アメリカでは約5,000万人もの人々が加入していないという現実があります。トランプ氏は代わりに、税金が優遇され医療にしか使えない口座「医療貯蓄口座制度」を拡大すると語っています。

 

実現の可能性と日本への影響

すでに実行しているもの、または実現しようと試みている公約もありますが、トランプ大統領の強気な姿勢は崩れることなく、支持層たちからの信頼は絶大みたいですね。

 

とくに経済と安全保障の部分は日本への影響も多々あります。

 

他国への関税引き上げを叫んでいるトランプ大統領。日本への圧力も今後かなりあると見られていますし、「日本政府は為替を不正に操作している」と声を荒げています。

 

またテロや安全保障の問題、軍事的な中国の暴走には日本の未来もかかっており、トランプ氏の政策の実行に大きく影響されることでしょう。これらの公約一覧がどれだけ実現していくか、目が離せませんね。

スポンサーリンク

 

トランプの入国禁止をわかりやすく…理由となぜ。国名7カ国はどこ?

スポンサーリンク

 

トランプ政権が出した入国禁止をわかりやすく説明。連邦高裁や司法が反発している入国禁止令ですが、トランプ大統領が実施した理由はなぜでしょうか?

 

マスコミの報道の仕方や、7カ国の国名がどこなのかもお伝えします。

 

f:id:seseo11:20170209200340j:plain

 

トランプの入国禁止をわかりやすく

社会問題化して揺れるアメリカー。色々と話題になっている入国禁止について、簡単にわかりやすくご説明しようと思います。

 

トランプ大統領の想いはいたってシンプル。「テロリストに関係している可能性のある人々は、アメリカに入れないようにする」というものです。

 

トランプ氏の政策は【アメリカ・ファースト】ですから、アメリカ国民の安全を考えるのは当然の事。なのに問題になっているのはなぜなのでしょうか?その理由について疑問に思っている人も多いと思います。

 

まず、トランプ大統領が入国禁止令を出した国名がどこかと言うと、イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7カ国。

 

これらの国名は以前から共和党・連邦議会が「懸念対象国」として挙げていた国で、2015年に可決した査証(ビザ)制度改革法案に含まれていたものとなります。

 

理由となぜ。国名7カ国はどこ?

なぜ問題なのかー。理由を分かりやすく説明すると、7カ国の「全ての人々を対象にしたから」です。

 

つまり、テロリストに関係しているかどうかは関係なく、その国名の「全ての人」に対して入国禁止の措置をとるという、見境のないやり方に批判が相次いでいるのです。

 

トランプ政権の説明では・・・

 

国内でテロ組織が大きな影響を及ぼしている、もしくはテロリストをかくまっていると見なされた国が対象

 

移民や難民の受け入れを一時停止するという目的があるのですが、その中にはごく普通の人達もたくさんいます。単純にアメリカが好きで移住している人も大勢いるでしょう。

 

米国では、アマゾンやグーグルなど仕事の出張で7カ国の国を訪れていた人たちがアメリカに帰ることができず、マスコミがいっせいに報じて批判の嵐が吹き荒れました。

 

家族と会えなくなった人、自分の家に帰れなくなった人など様々ですが、「人権を無視している」として司法も反発し、国内でも多くのデモが起きている現状があります。

 

真実を報道しないマスコミ

つい最近、米国の世論調査で入国禁止令に関して「支持する」が「支持しない」を上回っている結果が出たことが明らかになりました。

 

しかし、ご存知のとおり、日米のマスコミは「支持しない」側の意見ばかりを報道し、いかに国内で批判されているかを繰り返し報道しています。

 

これはメディアの印象操作・情報操作の一種であり、世界や海外に向けて「アメリカではトランプ大統領の入国禁止にみんな反対している」と思い込ませるような意図も隠されています。

 

なぜなのかという理由はまた別の記事で書くとして、そもそもアメリカのマスコミはトランプ氏が大統領に就任する以前から一貫して批判的な報道を続けています。

 

真実を伝えようとしないメディアの存在もまた、批判されるべきですね。

スポンサーリンク

 

安倍総理の訪米日程と日米首脳会談。記者会見や夕食会にも注目

スポンサーリンク

 

およそ5日間の日程で訪米する安倍総理。トランプ大統領との日米首脳会談ではその後の記者会見の内容にも注目が集まっています。

 

安倍首相がもてなされる昼食会や夕食会のメニューも気になるところですね。今回の訪米はエアフォースワンに同乗するというVIP待遇となります。

 

f:id:seseo11:20170209051224j:plain

 

安倍総理の訪米日程

入国禁止など異例の大統領令を連発するトランプ氏。アメリカは彼を熱狂的に支持する層と、拒否反応を示してデモを繰り返す人々に分断されつつあります。

 

そんななか決まったのが今回の日米首脳会談。安倍総理が訪米する簡単な日程を確認しておきましょう。

 

◆2月9日  …日本を出発

◆2月10日…ホワイトハウスで日米首脳会談

◆2月11日…トランプ大統領とゴルフ

◆2月12日…アメリカを出発

◆2月13日…日本へ帰国

 

以上がだいたいの訪米日程となっていますが、状況によっては予定が変更になることも考えられます。米国では各地でデモも広がっていますし、テロも警戒しなければなりません。

 

日米首脳会談のあと、安倍総理はトランプ大統領と共同で記者会見を開くことを決定。ここで何が語られるのか、非常に重要な内容となることでしょう。できれば英文とあわせて全文を確認しておきたいところです。

 

会談では、安全保障をメインにアメリカと関係性を築きたい安倍首相と、日本への経済対策を重視するトランプ氏とで若干の温度差が出てくるかもしれません。

 

日本は今、中国の軍事的暴走により危機的な状況にあり、米国の対応次第では尖閣諸島の領土もどうなるか分かりません。トランプ政権は米軍撤退も視野に入れて日本に経費負担を求めています。

 

さらにアメリカはTPPから離脱。オバマ政権時の政策をひっくり返したわけで、TPP離脱の影響が日本にも押し寄せてくることは間違いなさそうです。

 

また、日米首脳会談では日米自由貿易協定(FTA)も議題になるかもしれません。全米肉牛生産者・牛肉協会(NCBA)と全米豚肉生産者協議会(NPPC)からトランプ氏へ要望も出ています。

 

記者会見や夕食会にも注目

安倍総理の訪米日程のなかで、個人的に気になるのが昼食会・夕食会のメニュー。というのもトランプ氏は食事を簡単に済ますことで有名であり(ビジネス優先だったため)、いったいどんな食事が出るのか楽しみにしています。

 

果たしてどんな料理をチョイスするのか。。。日本からも訪米時に銘酒の地酒などを贈り物として持参するかもしれませんね。

 

おそらくですが、日米の共同記者会見は深夜~朝方にかけての時刻となることでしょう。全世界が、その内容とメッセージに注目しています。

スポンサーリンク